ストレブトコッカスや乳酸菌などによるバイオ製法

ストレブトコッカスや乳酸菌などによるバイオ製法

基本的にヒアルロン酸の分子が大きいほど体内に残る時間が長くなりますが、吸収されにくく、ヒアルロン酸の分子が小さければ、体内に残る時間はつるはぎですけど、すばやく吸収されていますのです。例えば、頬やこめかみなどには、バーレーンという粒子がでかいヒアルロン酸が使用され、額や目の下の窪みなどはレスチレンという比較的粒子のちんまりヒアルロン酸が使用されてるのです。ヒアルロン酸の種類は何やかやとということで、純度や分子量、精製方法などによって異なるんです。また、ヒアルロン酸は天然のヒアルロン酸と人工的に作られるヒアルロン酸にも分かれます。なお、目の周りの小じわには、この上なく粒子の甚小、レスチレンファインラインというヒアルロン酸が使用されているのです。どの部位にどのヒアルロン酸を注入するかは非常に大切なことだから、施術前のカウンセリングではきりりと確認するようにしましょう。天然ヒアルロン酸は、人のさい帯(へその緒)や「鶏のとさか」から作られ、人工的なヒアルロン酸はストレブトコッカスや乳酸菌などによるバイオ製法によりまして作られます。美容整形の分野では、整形する部位によってヒアルロン酸の特徴を生かした注射・注入による施術をやっていますのです。ヒアルロン酸はその分子の大きさににににににによりましてもいくつかの種類に分けられます。

page top